| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |

浅田文学<新選組>第二弾となる『輪違屋糸里』(文春文庫刊)が、待望の映画化となる。歴史が大きく変わろうとしている渦の中で、大義をもって都を守り、そして恐れられた新選組の姿を女性の視点で描いた愛の物語が誕生した。背景となるのは、結成当初の彼らにとって最も重要な事件――筆頭局長であった芹澤鴨の暗殺に隠された謎。武士でない者たちの武士になるための踏み絵ともいえる暗殺事件の陰で、花街の「美」と、儚い夢の「哀」が交錯する。

初期の新選組に、近藤勇と芹澤鴨という二人の局長が存在し、両派が対立を深めていた時代。新選組副長・土方歳三に想いを寄せる島原輪違屋天神・糸里。平山五郎との愛に翻弄される桔梗屋天神・吉栄。芹澤鴨とお梅。幕末の京の色街に生きる3人の女性たちが愛したのは、奇しくも新選組の志士たちだった。男たちの対立に翻弄されながらも、自らの愛を貫こうとする女たち。そして、筆頭局長であった芹澤鴨の暗殺に隠された謎が女性たちの視点で明らかになっていく―。

 

主人公、島原輪違屋の芸妓・糸里を演じるのは、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた藤野涼子。まだ幼さが残る初々しい姿と、10代とは思えない妖艶な女性像を演じ、スクリーンでの時代劇初挑戦ながらも実力派俳優としてその実力を見せつけている。土方歳三には『赤い糸』で同じく日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手実力派・溝端淳平。そして吉栄を松井玲奈、平山五郎を佐藤隆太が熱演。芹澤鴨には塚本高史、愛人お梅を田畑智子が演じた。更に橘炎鷹、新妻聖子らが脇を固め、松平容保役の榎木孝明と甘味処隠居役の石濱朗が特別出演をしている。

 

更に、本作の製作陣には、日本映画界を代表する才能が結集した。監督はTVシリーズ「鬼平犯科帳」など、人間ドラマと時代劇を融合させる名手・加島幹也。製作陣には、日本アカデミー賞の受賞経験者、江原祥二(撮影)・杉本崇(照明)・松宮敏之(美術)らが集結。唯一無二の映像美で、京の街と時代背景を再現した。時代劇になくてはならない殺陣は、東映剣会の清家三彦が担当している。

| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |

幕末の京都。花街で<島原輪違屋>に身を置く、天神糸里(藤野涼子)。ある日、姉と慕う音羽太夫(新妻聖子)は、新選組筆頭局長芹澤鴨に無礼打ちされる。壬生浪の非道に島原は騒然となるなか、その場を収めたのは新選組副長・土方歳三(溝端淳平)だった。そして糸里が淡い恋心を抱くのが、土方歳三だった。糸里とは仲の良い桔梗屋の芸妓吉栄(松井玲奈)は芹澤の腹心の平山五郎(佐藤隆太)と恋仲で、お梅(田畑智子)は芹澤鴨(塚本高史)の愛人だった。初期の新選組には、近藤勇と芹澤鴨という二人の局長が存在していた。両派は対立を深めていくが、それは「百姓」と「武士」という決して超えられない壁でもあった。やがて持ち上がる芹澤鴨暗殺計画。男たちの抗争の陰で翻弄されていく糸里、吉栄、そしてお梅。彼女たちは一体何を見て、何に殉じるのか。そして最後に下した決断とは…。

| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |

2000年2月2日生まれ、神奈川県出身。2014年、宮部みゆきのミステリー大作を原作とした映画『ソロモンの偽証』(成島出監督)のオーディションにて、約1万人の中から主演に抜擢される。この作品で日本アカデミー賞新人俳優賞など数多くの賞を受賞。2017年に NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演するなど実力派として、映画・ドラマ・CMと幅広く活躍している。その他の出演映画に「クリーピー 偽りの隣人」(16)。今後の出演作品として正月時代劇「家康、江戸を建てる-水を制す-」(NHK)がある。

1989年6月14日生まれ、和歌山県出身。第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリを受賞後、2007年ドラマ「生徒諸君!」で俳優デビューを果たし、翌年「ハチワンダイバー」でドラマ初主演を果たす。また同年、映画『DIVE!!』でスクリーンデビューにして主演を務める。2010年には映画『赤い糸』で第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2013年故・蜷川幸雄演出の舞台『ムサシ』に出演、2015年同演出で彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヴェローナの二紳士』にて初の女性役に挑戦し、主演を務める。その後もドラマ・映画・舞台と幅広く活躍し、近年の出演映画に『破裏拳ポリマー』(17)、『祈りの幕が下りる時』(18)などがある。

1991年7月27日生まれ、愛知県出身。2008年SKE48一期生としてデビュー。2015年グループを卒業後、役者業をメインに活動中。2017年は『はらはらなのか。』『笑う招き猫』『めがみさま』と話題作への出演が続き、映画・TVドラマ・舞台・バラエティーと幅広く活躍している。2019年には映画『21世紀の女の子』『今日も嫌がらせ弁当』の公開が控えている。現在、NHK連続テレビ小説『まんぷく』にレギュラー出演中。

1980年2月27日生まれ、東京都出身。1999年、舞台『BOYS TIME』でデビュー。その後、「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」「海猿」など話題のドラマに出演。『ROOKIES』(TBS系列)でドラマ初主演を果たす。舞台では『ビロクシー・ブルース』にて初主演を務め、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』(蜷川幸雄 演出)、『高校中パニック!小激突!!』(宮藤官九郎 演出)、『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』(野田秀樹 演出)などに出演。近年の出演映画に、『悪夢ちゃんThe夢ovie』(14)、『ひるなかの流星』(17)、『鋼の錬金術師』(17)など。2019年には『今日も嫌がらせ弁当』の公開が控えている。

1980年12月26日生まれ、京都府京都市出身。1992年、映画『お引越し』で主演女優としてデビュー。新人賞を多数受賞。2000年にNHK連続テレビ小説『私の青空』でヒロイン役を演じる。ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍している。近年の主な出演映画には『舞妓はレディ』(14)、『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』(15)、『たたら侍』(17)、『あの日のオルガン』(18)などがある。

1980年10月8日生まれ、愛知県出身。2002年、大学在学中に『王様のブランチ』(TBS)でブランチリポーターとして芸能界デビュー。2003年、ミュージカル「レ・ミゼラブル」に、5000倍のオーディションを突破しエポニーヌ役に大抜擢され、その後はミュージカルを主軸として活動している。2005年には舞台「サド侯爵夫人」「「21C:マドモアゼル・モーツァルト」で第31回菊田一夫演劇賞を受賞、2006年には舞台「マリー・アントワネット」で第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞。出演映画には『アンダンテ 〜稲の旋律〜』(10)、日本語吹き替えを担当した『サウンド・オブ・ミュージック』(11)、また声優としてアニメーション映画「夜は短し歩けよ乙女」(17)などがある。

1982年10月27日生まれ、東京都出身。1997年ドラマ『職員室』で俳優デビュー。2000年には映画『バトル・ロワイアル』でスクリーンデビュー。ドラマ初主演は2008年の『監査法人』で、映画代表作には『タイヨウのうた』(06)、『釣りバカ日誌20ファイナル』(09)がある。その後もドラマ・映画と幅広く活躍している。近年の主な出演映画に、『ガールズ・ステップ』(15)、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15)などがある。

1956年1月5日生まれ、鹿児島県出身。1984年、連続テレビ小説『ロマンス』でデビューを果たし、1995年から、フジテレビ系ドラマ『浅見光彦シリーズ』に主役の浅見光彦役として出演。その後も舞台やテレビ、映画、ラジオ等様々な分野で活躍するなか、水彩画家としても活躍している。近年の出演映画には『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』(12)、『セーラ服と機関銃 -卒業-』(16)、『帝一の國』(17)などがあり、2019年には『きばいやんせ!私』、『みとりし』などの公開が控えている。

1935年1月29日生まれ、東京都出身。1951年、松竹製作で木下惠介監督作『少年期』で俳優デビュー。その後、映画・ドラマと幅広く活躍している。2009年からは日本映画俳優協会の理事長を務めている。主な出演映画に『白日夢』(64)、『悪魔が来りて笛を吹く』(79)、『誘拐』(97)、『筆子・その愛 -天使のピアノ-』(06)などがある。

| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |

1956年京都府生まれ。1982年から松竹京都撮影所助監督部所属。『必殺』シリーズ、『土曜ワイド劇場』で助監督を務め、テレビドラマ『鞍馬天狗』(91)で監督デビュー。主な監督作品は、テレビ時代劇『鬼平犯科帳』シリーズ、『喧嘩屋右近』シリーズ、『部長刑事』シリーズ、『いのちの現場から』(06)ほか、多数。

長野県出身のシンガーソングライター。

両親の影響で、幼少期から洋楽を聴き、6歳でピアノを始め、10歳でドラム を触る。 15 歳でボーカルに転身。 ウェット&ノスタルジック・ボイスで紡ぐ、どこか懐かしく情緒豊かな歌詞とメロディーが世代 を越え共感を呼ぶ。2016年公開比嘉愛未主演の映画『カノン』主題歌に無名の新人ながら抜擢。「セピア」を含む 1st アルバム 『WATARIAZUSA』で2016年10月5日ヤマハミュージックコミュニケーションズよりメジャーデビュー。2017年配信リリースされた『wedding day』はフラッシュモブの実績、動画再生回数ともに国内 No1 を誇る『Emotion Rise』とのタイアップ曲でサプライズプロポーズの動画が 100 万回を超え国内外で話題に。2018年1月公開のアニメーション映画『西遊記ヒーロー・イズ・バック』の主題歌、挿入歌を歌唱。感性 豊かなボーカルが、年齢を問わず幅広い層から支持されており、オリジナリティー溢れる独自の音楽は常に進化をつづけている。

1955年京都府生まれ。『くノ一忍法帖 自来家秘抄』(95)でデビュー。『のぼうの城』(11)で第36回日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。近年の主な担当作品には、『超高速!参勤交代』(14)、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(15)、『信長協奏曲』(16)、『本能寺ホテル』(17)などがある。

1959年岐阜県生まれ。東映京都撮影所所属。『北のカナリアたち』(12)で第36回日本アカデミー賞最優秀照明賞、『のぼうの城』で同優秀照明賞を受賞。近年の主な担当作品には、『テルマエ・ロマエII』(14)、『信長協奏曲』(16)、『団地』(16)、『本能寺ホテル』(17)などがある。

1959年和歌山県生まれ。『千年の恋 ひかる源氏物語』(01)で第25回日本アカデミー賞最優秀美術賞、『男たちの大和/YAMATO』(05)で第30回日本アカデミー賞最優秀美術賞、日本映画テレビ技術協会映像技術賞を受賞。近年の主な担当作品には、『桜田門外ノ変』(10)、『この国の空』(15)、『無限の住人』(17)などがある。

| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |

都道府県   劇場                             電話番号         公開日           前売券

青 森  シネマディクト

福 島  まちポレいわき

宮 城  フォーラム仙台

千 葉  イオンシネマ千葉ニュータウン

東 京  有楽町スバル座

東 京  ユナイテッド・シネマアクアシティお台場

新 潟  イオンシネマ新潟西

富 山  J-MAXTHEATERとやま

石 川  イオンシネマ金沢

長 野  長野ロキシー

岐 阜  CINEX

愛 知  名演小劇場

三 重  イオンシネマ津

京 都  MOVIX京都

大 阪  なんばパークスシネマ

兵 庫  神戸国際松竹

和歌山  イオンシネマ和歌山

広 島  イオンシネマ広島

福 岡  福岡中洲大洋

017-722-2068   2019/1/26(土)

0246-22-3394   2019/1/18(金)

022-728-7866   2019年1月

0476-40-7887   2019/1/11(金)

03-3212-2826   12/15(土)    ●

0570-783-804   12/15(土)

025-230-8787   2019/1/11(金)

076-461-4461   2019/1/18(金)

076-258-7575   2019/1/11(金)

026-232-3016   2019/1/5(土)

058-264-7151   2019/1/12(土)

052-931-1701   12/22(土)    ●

059-224-8689   2019/1/11(金)

050-6865-3125 2019/1/11(金)   ●

050-6864-7125 2019/1/11(金)   ●

078-230-3580   2019/1/11(金)

073-456-5055   2019/1/11(金)

082-261-1310   2019/1/11(金)

092-291-4058   12/15(土)

| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |

開催日

 2018年12月15日(土)

 ① 10:30の回 上映前

 (10:30~舞台挨拶開始、終了後本編からの上映)

 

登壇予定者

 藤野涼子

 溝端淳平

 佐藤隆太

 塚本高史

 加島幹也監督

 ※登壇者は予告なしに変更する場合がございます。

 

会場

 有楽町スバル座

 東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル2F

 TEL:03-3212-2826

 http://subaru-kougyou.jp/movies/

 

 ※舞台挨拶上映会は、特別興行の為、

  招待券および各種割引はご利用いただけません。

 ※前売券はご利用いただけません。

料金

 2,000円均一(前売り券使用不可)

 

チケット発売

 12月8日(土) AM10時よりチケットぴあにて一般発売開始

  <Pコード:559-342>

 

・インターネット購入

 チケットぴあ http://w.pia.jp/t/wachigaiya/

 

・直接購入

 チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00

 (営業時間は店舗によって異なります)

 

 セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00

 (発売初日は10:00~)

 

・電話予約

 チケットぴあ音声自動応答 TEL:0570-02-9999

 ※要Pコード・自動応答24時間受付

 (毎週火・水 2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)

| TOP | 予告編 | 解説 | 物語 | 出演 | スタッフ | 劇場情報 |